言葉

スポンサーリンク
言葉

「お疲れ様です」の正しい使い方:目上の人や他社での注意点

日本で生まれ育ちながらも、「日本語って本当に難しい!」と思うことがよくあります。 同じ意味の言葉でも、選び方一つでニュアンスが変わり、場合によっては相手に失礼な印象を与えてしまうこともあります。だからこそ、言葉を選ぶ際には慎重さが求められま...
言葉

語源で見る日本語 「和語」「漢語」「外来語」の役割と特徴を解説

日本語には、「和語」、「漢語」、「外来語」という三つの異なる語源から来る単語があります。これらの違いを理解することは、日本語の多様性と深さを知る上で非常に重要です。 和語 (わご) 意味: 和語とは、古くから日本に存在する言葉で、漢字や他の...
言葉

「暖かい」それとも「温かい」?日常で使い分ける表現力アップの秘訣を解説

日常ではよく「あたたかい」という言葉に出会いますが、実はこの言葉、シチュエーションによって「暖かい」と「温かい」のどちらを使うかで意味が微妙に変わります。 今回は、「暖かい」と「温かい」の使い分け方について、分かりやすく解説します。また、こ...
言葉

「鑑賞」と「観賞」の意識的な使い分け 日常の美を深く味わうための言葉選び

花を見る時、「これは観賞しているのかな?それとも鑑賞?」と思ったことはありませんか?実は、この二つの言葉、似ているようで少し違うんですよ。 今日は、この「鑑賞」と「観賞」、どんな時にどっちを使うのかを話してみたいと思います。 ”鑑賞”とは?...
言葉

言葉の歴史から紐解く「まつり」の語源と神社の言葉遣い

最近、御朱印帳を持ち歩く人が増え、一種のブームのようになってきました。神社やお寺が身近な存在となってきていると感じています。これは個人的にはとてもうれしいことです。 神社に足を運ぶと、何らかの特別な力を得る気がするのは不思議な感覚ですよね。...
言葉

”はかる”の漢字はどれ? 図る、測る、計る、量るの意味と使い方

日本語において、言葉「はかる」は文脈によって異なる漢字を使う必要があります。しかし、これらの漢字の発音はすべて同じであるため、正確な使い分けは難しいことがあります。 では、「図る」「測る」「計る」「量る」は、どのような状況でどの漢字を選ぶべ...
言葉

「頑張れ」の代わりに使えるポジティブなコミュニケーション術とは?

「頑張れ」の代わりの言葉、シーンごとの提案 「頑張って」という言葉は、様々な状況で使われます。 頑張る人、すでに頑張っている人、頑張って頑張って疲れている人、その対象は多岐にわたります。 特に、すでに十分頑張っている相手には、言葉選びに気を...
スポンサーリンク